易--陰陽の図
易経もしくは変化の書(Book of change)は、八卦と六十四卦という象意を根本にした占法です。
これらは実線か破線で成り立つ線(爻)から構成され、宇宙二元論である陰陽論が反映されています。
易はある質問に対する、心にある答えを得るためのツールです。
それは、三つのコインを六回振って、六本の線(爻)から成る卦で表されます。
その卦の各線(爻)の相互関係を読み取ることにより、その質問の答えになるヒントを導くことが出来ます。

八卦と六十四卦のシステムは、紀元前4500年ほど前に伏儀によって発明され、強力な予言道具として時の皇帝や貴族の間で使われました。そして中国形而上学の中で重要な位置を得ていきます。
この技術は複雑な状況の裏に潜む正確な情報を明らかにし、不可欠な形而上的なツールとして予言や決定の際に使われます。

易で占う際には、明確ではっきりとした質問を心に思い浮かべなくてはいけません。
そして、その質問は時間の範囲を限定しなければなりません。
例えば、「6ヶ月以内に部長に昇進するチャンスはどれほどか」という質問です。